トップ

学校と塾の教え方の違い

学校と塾での個人指導

学校と塾の学習方法の違いとは

学校と塾はどちらも「子どもに勉強を教える場所」であるという点では共通していますが、その性質は大きく異なります。特に公立校において顕著ですが、文部科学省の定めた学習指導要領によって指導内容に制限があるのが学校での学習の大きな特徴です。1クラスには40名近くの生徒がおり、その全員に大きな差がなく理解させるような指導が求められます。学習方法もある程度は画一的にならざるを得ません。これに対して塾では、民間の教育企業が運営していますので、教える内容について厳しい制限はありません。そのため、教育理念や学習方法を独自に研究・開発して進めることができる点が大きな違いと言えます。

クラス分け

塾での学習方法の違い

学校と学習塾とでは当然ながら学習方法が異なります。学校では全国共通の教科書を用いて同じ内容のことを決められたガイドラインに従って集団授業によって子供たちに教えます。良い点はそれぞれの学舎によって学習内容に違いがでないということです。全ての子供たちに同じ教育を与えるという理念には合いますが、受験には役立たないこともあります。一方で学習塾では、特に個別指導を行っているところでは肌理の細かな指導を個々人にすることができます。使うテキストの内容も子供によって違いがあります。自分の成長に合わせた指導が見込めます。

↑PAGE TOP

© Copyright 学校と塾の教え方の違い. All rights reserved.