トップ / 学校の先生と塾の先生

学校の先生と塾の先生

学校の先生の特徴

学校と塾の先生の違いとは

まずは、目標としているものが異なります。塾は難関大学の合格者をできるだけ多く輩出することであるのに対して、学校(特に公立)は、もちろん合格させることが最終目標ではありますが、指導要領に沿ってきちんと教科書の範囲を終わらせ、落ちこぼれをなるべく作らないことが第一です。また、仕事の違いもあります。塾の先生は、勉強や受験のテクニックを教えるのが仕事ですが、学校の先生は勉強を教えるだけではなく、多くは生活指導や部活動の指導などもこなさなくてはなりません。違いはたくさんありますが、どちらもそれぞれの仕事のプロであることには変わりません。

クラス分け

塾の先生の特徴について

学校や塾に通う生徒にとっては、それぞれの場所において、指導者がいますが、学校の先生、特に担任はその生徒のクラスを受け持つことから、その生徒の親代わりとして勉強に関しても勿論のことですが、悩みごとや感じていることなどを話したりなど日常的なことについて話しあうことができるようなイメージがあるのではないでしょうか。塾の先生は、主に生徒の成績を上げたり、受験する受験校へ合格させるなどの学力にかんしてのイメージが強いです。それぞれにおいて、非常にフレンドリーで生徒を気遣う親身な方もいらっしゃいますが、このような点が両者の違いです。

↑PAGE TOP

© Copyright 学校と塾の教え方の違い. All rights reserved.