トップ / 学校での指導方針について

学校での指導方針について

学校の教育スタイル

学校のクラス分けと塾の個別指導

学校ではここ最近、生徒の学習到達度や成績などのよって、クラス分けをしている授業がりますが、これは自分の得意科目や不得意な科目に合わせておこなえるというメリットのあるものです。生徒にとって、不得意な科目というのはゆっくり丁寧に教えてもらうことでいままで理解が進まなかったことが理解できるようになるということはよくあることなのです。学校とはやや違いますが、これは塾においても同じようなことがありますが、個別指導塾では科目別に不得意な科目に対して1対1で個別指導をおこない、わからないことがすぐに質問でき、不得意科目の克服という点において優れた指導法です。

クラス分け

塾におけるクラス分けの違い

学習塾におけるクラス分けは学校とは全く異なるものになります。学校においてはクラス分けは学年が変わるなど節目の出来事をきっかけとして行われることが多いです。また成績などもいくらかは考慮されますが主に人間関係での振り分けが中学までは多くなります。高校では逆に進路によって厳密に分けられます。翻って学習塾においては、違いは科目別や成績によって予めはっきりと決められてしまうということです。科目別というのは5教科それぞれの今の到達度を参考にすることもあれば、受験等に必要な教科に応じて分けられる場合も両方あります。

↑PAGE TOP

© Copyright 学校と塾の教え方の違い. All rights reserved.