トップ / 学校と塾が生徒に与える影響

学校と塾が生徒に与える影響

学校の雰囲気の傾向

学校と塾の授業スタイルの違い

塾の方はあくまでも受験に合格する事が目的です。いかに効率よく生徒に勉強を教えるか。そういった傾向が強いですね。授業スタイルや講座などを見ても、高校や大学などの過去問を使うことが多いです。それに対して学校の方は勉強だけではありません。なぜなら道徳、人間関係を育てる場でもあるからですここが大きな違いですね。運動会や合宿といった行事はその典型的な例だと思います。これらの行事を行う事で、クラスの団結が強くなったりします。それでいて教科書を主体に授業を行うため、一部の学校を除けば受験向きなことはあまり積極的でないという傾向にあります。こう言った理由から、受験する学生の親は塾に入れる傾向が強くなるといえると思います。

クラス分け

学習塾と公立学校の違いとは

学校と学習塾は似ている場所かもしれませんが、それぞれの場所の目的は、明確に異なっています。公立学校の授業は公のものであり、日本全国でほぼ同様の内容が教えられています。また落ちこぼれの生徒を出せぬよう、クラス全体の平均レベルに合わせて、ゆっくり授業を進めるのが特徴です。翻って学習塾は常に高いレベルに合わせて勉強の指導を進めます。また、その場所は学力アップの指導に特化しているため、講師が自ら考案した方程式の解き方などを積極的に生徒に伝授してくれます。国の指導マニュアルに縛られない自由さが大きな違いであり、学費を支払う必要があるものの、子供たちの学力アップには欠かせないサービスです。

↑PAGE TOP

© Copyright 学校と塾の教え方の違い. All rights reserved.